病気の原因であるストレスを軽減する事で鬱病を予防

婦人

流れを覚える

ドクター

鬱病は治療にとても時間のかかる病気です。その為、治療を成功させるには、事前に治療の流れを覚えておくことが必要になるでしょう。治療の流れを理解しておけば長期間に及ぶ治療もこなすことができます。まず鬱病の治療は3つのステップに分かれており、最初が急性期です。この期間は、たっぷりと休養を取りながら、薬によって治療を行います。抗うつ剤による治療を行いますが、この抗うつ剤という薬には厄介な特徴があるのです。まず、効果が現れるのに時間がかかることが挙げられます。一般的には一週間か二週間程で効果が出てくると言われていますが、人によってはもっと時間がかかるでしょう。さらに厄介なのが副作用です。副作用はすぐに現れるので、何も知らない方は薬のせいで症状が悪化してしまったと思ってしまいます。その為、自分で勝手に判断して抗うつ剤での治療を止めてしまうことがあるのです。急性期はじっくりと薬の効果が出るのを待ちながら治療していくことが大切になります。抗うつ剤の効果が現れてくると、イライラが収まり、不安感や憂鬱感が軽くなるでしょう。少しずつ家事や外出もこなせるようになり、日常生活への興味がもどり始めてきます。回復期に入ると、症状が悪化したり回復したりを繰り返しながら少しずつ症状を回復させていくのです。症状が良くなった時に治ったと勘違いをする方がいますが、そこで抗うつ剤を飲むのを止めてしまうと病気はさらに悪化します。最初の状態に逆戻りする可能性もあるのです。徐々に状態が安定してくると気力が戻ってきます。身体を動かすこともできるようになってくるので体力も回復してくるでしょう。そうなると、希死念慮が現れることがあります。希死念慮とは簡単に説明すると死にたくなることです。気力や体力が回復し、行動力も出てきているので唐突に行動を起こすことがあります。急に突然自殺を図ることがあるので、患者の行動には注意しておくようにしましょう。また、気力や体力が戻ってくることで社会復帰を急ぐようになりますが、まだ時期が早いと言えます。しっかりと状態が安定するまで根気強く待ちましょう。医師の了解を得るまで社会復帰は控えるのが大切です。鬱病はとても再発率が高いことで有名で、少しの油断で病気になることがあります。基本的に症状が安定し、社会復帰を果たした後でも抗うつ剤による治療は続くでしょう。一般的な目安としては、回復期が過ぎても1年から2年は抗うつ剤による治療を継続します。注意点としては自己判断で薬物治療を中断しないことと、抗うつ剤の飲み忘れです。これら二点に注意しながら鬱病の予防に勤めましょう。抗うつ剤による治療が終わった後も気を緩めてはいけません。ちょっとしたことで再発するのが鬱病という病気です。その為、少しのサインを見逃さないようにすることがとても大切と言えます。自分で自覚できない症状でも、家族や友人にチェックしてもらうことで、すぐに気付くことができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加