病気の原因であるストレスを軽減する事で鬱病を予防

婦人

色々なタイプ

メンズ

鬱病には代表的なタイプが存在します。いくつかのタイプを覚えて、早期発見や予防に役立てましょう。まず最初に紹介するのが大うつ病です。主な原因はストレスと言われており、一般的に有名な鬱病と言えるでしょう。人間関係や仕事、勉強などの日常生活に由来するストレスを溜め込むことで発症します。抑うつ状態や思考力、意識の低下など心の症状や、倦怠感や疲労感、睡眠障害などの身体の症状が現れるでしょう。このタイプを診断するには、DSN-Ⅳが活用されています。抑うつ症状が、2週間以上ほとんど全ての行動に伴っている場合は、大うつ病と診断されるのです。また、症状が類似していても、条件を満たしていない場合は軽うつ病や気分変調性障害などと診断されます。抑うつの症状としては、憂鬱感や興味関心の喪失、睡眠障害、倦怠感、疲労感、自責感などです。また、近年増えてきている鬱病のタイプが双極性うつ病でしょう。これまでは躁うつ病と呼ばれていたタイプです。双極性という名前の通り、躁状態と抑うつ状態を交互に行き来します。躁状態の時は活発に行動し、気分も高揚しているので明るく振る舞うことができるでしょう。ですが、抑うつ状態になると、大うつ病と殆ど変わらない症状が現れます。その為、躁状態では鬱病と気付きにくく、抑うつ状態では大うつ病と勘違いされやすいのです。その為、躁状態の時は病気の自覚がないため、治療を受けずに症状が悪化することが多いと言われています。医師でも診断が難しく、双極性うつ病と気付くことができない時もあるのです。躁状態の時は気持ちが大きくなるため、行動が派手になりがちでギャンブルや買い物などに大金を使うことも珍しくありません。その反動で抑うつ状態の時、かなり気分は落ち込みます。また、双極性うつ病にはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型はⅡ型に比べて激しい躁状態が特徴です。ラピットサイクラーと呼ばれる激しい躁状態と抑うつ状態の入れ替わりが特徴と言えるでしょう。短い間隔で躁状態と抑うつ状態が入れ替わります。国内では、患者が少ないことから、社会的にまだまだ理解を得られていない鬱病と言えるのです。そして女性に多いタイプが非定型うつ病で、大うつ病とは違う点がいくつか見られます。まず、症状が現れる時間帯ですが、非定型うつ病の場合、夕方から夜にかけて症状が重くなるでしょう。大うつ病の場合は午前に症状が重く、夕方に向けて和らいでいきます。睡眠も過眠傾向が見られるようになり、憂鬱な出来事が起きた場合だけ気分が落ち込むのです。大うつ病の場合は無気力になるのですが、非定型うつ病の場合はイライラして注意散漫になるのが特徴でしょう。さらに、イライラを紛らわそうと甘いものを過剰に摂取するようになります。このような症状がでた場合は鬱病の可能性があります。無理に我慢しないで、すぐに精神科や心療内科を受診するのが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加