病気の原因であるストレスを軽減する事で鬱病を予防

婦人

種類について勉強

男性

鬱病には様々な種類の物があります。一見別の病気に見えても実は鬱病だったということも少なくはないのです。病気の早期発見に備えて、この病気の種類について勉強しておきましょう。まず産後うつ病ですが、女性の方は知っている方も多いかもしれません。出産した後に悲しくなったり、気分が落ち込んだりします。食欲不振などの症状がでます。この種類の主な原因は、ホルモンバランスの変化です。妊娠中と出産後ではホルモンのバランスが変わってきます。妊娠中は女性ホルモンが増えますが、出産後に急激にホルモンが低下するのです。女性ホルモンの急激な低下が影響して気分が落ち込み、病気を引き起こしてしまいます。また、出産を機に生活環境が変化するので、心が休まる暇がなくなってくるでしょう。特に初めてに出産の場合は赤ちゃんの世話に追われます。産後うつ病を発症してしまう女性は少なくありません。母親がイライラしていると赤ちゃんの状態も不安定になるので余計にストレスが溜まります。気分が落ち込むなどの症状が現れたら、専門の医療機関を受診してみましょう。仮面うつ病の場合は、心の症状よりも先に身体に症状が現れる鬱病です。その為、専門の医療機関への受診が遅れ、症状が悪化してしまうことがあります。身体に現れる症状はとても多く、それだけで鬱病と判断するのは難しいのです。理由は別の病気の可能性も考えられるからで、一般的に身体の症状が現れたらその症状にあった病院を受診します。その為、症状ごとに病院を点々とし最終的に精神科や心療内科に行き着くことが多いのです。身体に現れる症状としては慢性的な頭痛、肩こり、動悸、口腔内や喉の違和感や乾き、嘔気、手足の痺れなど多岐にわたります。このような症状以外の症状が現れることもあるでしょう。原因が見当たらないと診断されることで、心療内科や精神科を進められることがあります。原因不明の身体症状が現れ、病院の処方箋でも効果が感じられない場合は心療内科や精神科を受診するようにしましょう。微笑みうつ病の場合は、軽度の種類に分類されていますが、発見が遅れることが多い種類です。周囲の人間が気を使って様子を尋ねても大丈夫といって笑顔を見せます。笑顔を見せて心配いらないといった態度を示すことで、周囲の人間は安心してそれ以上突っ込んできません。そのお陰で、早期発見が難しい種類と言われているのです。基本的に微笑みうつ病の場合は、人と接している時は明るく振る舞うことができます。家族や友人などには笑顔を絶やしません。ですが、1人になると途端に態度が変わり、意気消沈して暗い症状を見せます。気分が落ち込み表情も曇るのです。普段無理をして明るく振る舞っているため反動も大きく、心が疲れ果ててしまいます。微笑みうつ病は軽度の鬱病とされていますが、その分大うつと比較して気力も体力も残っているのです。希死念慮が現れると、何の前触れもなく突然行動を起こす危険性もあります。本人には自覚がなくても、抑うつ状態が2週間以上続く場合は心療内科や精神科を受診しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加